アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

不動産屋にとって

日当たりがよい

最近、シェアハウスとして賃貸マンションを貸し出す不動産業者や管理会社が増えています。
シェアハウスは一つの物件を複数人で借りる形態で規模は2人から、多い場合は10人以上になる場合もあります。
不動産業者や管理会社にとっては1つの物件を1人に貸すのも複数に貸すのも、管理費用や工事費用はほぼ同じです。
むしろ複数に貸し出した方が、急に1人が退去したり家賃を滞納したとしても他に家賃を払う人間がいるので1人に貸すよりも収入が安定してます。

トラブルは

賃貸マンション

賃貸マンションでは近隣トラブルがある場合があります。
特にシェアハウスでは同じ物件内にいるのでトラブルの可能性は普通の賃貸よりも高くなります。
そのために生活する人がお互いに過干渉にならないように最新の注意を払っています。
例えば同性の入居しか認めないものや、キッチンやお風呂の使用時間を制限したり、壁に防音設備をしたりなどです。
これらの独自ルールで住人同士のトラブルは大幅に回避できます。
シェアハウスはルームシェアと違い専門の業者を挟むためルールを決めればとてもスムーズになります。

借りる人にとっても
借りる人にとってもメリットがあります。
まず普通に一人でマンションを借りるよりも値段が格段に安くなります。
また、マンションで一人暮らしをするよりも、複数人いる分空き巣や押し売りの被害にあいにくくなることもメリットです。
一緒に住んでる人と仲良くなれば病気になったときも安心なので、家族も安心して外に送り出してくれます。
近隣トラブルといったデメリットもある可能性はありますが、値段などの面が非常にお得なので、興味がある方は何箇所か物件を見てから検討することをおすすめします。

様々な住むスタイル

分譲マンション

皆さんはどのような家に住んでいるでしょうか。
家と一言で言っても、賃貸物件から、購入したマンションや一戸建て、最近ではシェアハウスという形も出て来ました。
生活する上で住む場所にかかるローンや家賃は生活費の支出の中でもかなりの割合を占めるものです。
地震の多いこの日本では賃貸で身軽に暮らした方がいいのか、財産として残すために購入した方がいいのかなどなど、住むスタイルをどうするかといった問題に頭を悩ませている人も多いかも知れません。

賃貸とマンション購入
2011年に起きた東日本大震災の時には、多くの人が財産である家を失いました。
地震保険に入っていたひとや、入っていなかった人、またはその加入条件によって明暗は分かれたと思います。
災害等のことを考えると、物件を購入するには足踏みしてしまいますが、一生家賃を払い続けるというのも、将来の受け取れる年金の事などを考えると難しいところです。
日本各地どこに住むかにもよりますが、自分たちのライフスタイルを家族と良く話し合い決める必要があります。

流行りのシェアハウス
そんな中、最近流行っているのがシェアハウスというスタイルです。
シェアハウスは色々なタイプがありますが、だいたいはそれぞれの部屋があり、台所やトイレ、お風呂等が共有で、住んでいる人がくつろげる共有スペースがあるところが多いです。
シェアハウスの利点は入居の際に審査がゆるいこと、また、初期費用がかなりおさえられるところにあります。
家族持ちでシェアハウスというのは現実的ではないかもしれませんが、一人暮らしで特に都市圏には需要がかなりある、一つの新しいライフスタイルです。